コロナの影響。更新時の診断書記入の際、紹介状が必要な場合もある。

こんにちは。
茨城県桜川市の社労士 海老澤亮です。
本日もよろしくお願いします。

今日は、ちょっとしたお話です。
(情報提供というほどでもなく、注意喚起でしょうか。)

障害年金を受給されている方で、定期的に通院されていない方の場合ですと、
(例えば:知的障害の場合は多いと思います。)
障害年金の更新手続きの際には、何年も受診しておらずに、前回診断書を書いていただいた先生に再度診断書の記入をお願いすることが多いと思います。

その場合、現在、コロナ禍でもあり、他の医療機関で紹介状を書いてもらったうえ、持参の上、受診ください、と案内されることが多くなっております。

勿論、これは大病院の話ですが、「紹介状をもらってきて」と言われますと、一気に時間的な余裕がなくなって、焦ってしまうのではないでしょうか?

病院のホームページなどで、紹介状の件案内されていることも多いですし、更新の前にあらかじめチェックしておくことをお勧めいたします。ご近所の医療機関で、紹介状は書いてもらえると思いますが、こういうことを「想定していない」と、どうしても焦りますので・・・。

今日は、そんなお話でした。

本日もお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
(社会保険労務士 海老澤亮)