家族の障害年金の申請を考えているだけで立派だと思います。

こんにちは。
茨城県桜川市の社労士 海老澤亮です。
本日もよろしくお願いします。

思いつきで書くだけのブログです。

今回は、特に大した内容でもないのですが、ノーテーマで思いつきを書いてみようと思います。テキトーな話ですみません・・・。

実は、私も子供の障害年金の申請を考えています。2年後に20歳になりますので、20前傷害で障害基礎年金を申請するつもりです。まあ・・・でも、これは私は仕事上、障害年金は比較的詳しいので、特に苦にもならないんですが・・・。それが、全く初めてのことだったら「なんじゃそれ?」って感じだと思います。

私の場合、多分、家内まかせにしてしまうんじゃないでしょうか。

基本的に、子供の込み入った話は家内まかせでやってきましたので・・・。

長男の進路相談には、長男が中学3年の時に2回行きましたが、他には、学校の行事は長男の小学校の卒業式に少し参加したくらい。授業参観は1回くらい見に行ったでしょうか。なにしろ、家の前が小学校ですので・・・。運動会は昼飯を食いに行ったくらいで、ずっと運動会を見ていることはなかったです。(そういうのが苦痛でして・・・。)そんな調子ですので、基本的に家事も家内まかせ、やることは自分が風呂に入りたいときに風呂掃除、あとは水槽の水替えなど自分がやらなくちゃならない趣味のものくらいです。

だから、子供の療育手帳やマル福医療制度(茨城県独自の制度)の更新なども家内まかせ、放課後デイサービス、児童相談所の対応もすべて家内まかせです。

そんな、ダメ親父なもんですから、ご家族の障害年金の申請を代わりに考えて、年金事務所に相談に行ったり、申請について色々と調べたりされるご家族は立派だと思います。(マジで。)

嫌になっちゃうことも多いですが、いるだけで喜びはくれる、とは思っています。

そんな調子で、ただ自分のダメさ加減を無駄に書いてきましたが、うちで子供と一緒にいても「なんで、こんななんだろう?」と正直思ってしまいます。ついつい、よその子供さんと比べたりして・・・。

私自身は、人生に元々意味などない、と思っています。(ニヒルなんでしょうか。)

とはいっても、何かあると、ついつい生きる意味を探したくなるんですけど、例えば、子供を見ていますと、別に無理して人の役に立たなくていいかな、と思います。ただ、いてくれるだけで親としては有難い、うれしいですし。(いつもいつもうれしい訳ではないですが。)

だから、俺も「別に人の役に立たなくても、生きているだけでいいじゃん」とも思えてきますね。そう思うと、少し生きるのが楽に感じられていいですね。

年金の申請をするのって、結構面倒くさいと思います。時間も随分かかるし、昔のことを思い出したり、色々と難しい書類を書いたり、忙しい中、仕事しながら、家事をしながら、介護しながら、やっているのでしたら、ホント大変だと思います。

私自身は、同居する親も元気で手間がかからず、かえって料理を作ってくれ、世話を焼いてくれるので甘えているだけです。だから、正直なところ、介護がどんだけ大変なことかも知らないです。そんな調子で、何も偉そうなことは言えないです。俺よりも、皆さんは色々と両立しながら、年金の申請をされているでしょうから。

そういう意味では、このホームページに色々と勝手に書いたことが、何かの役に立てば幸いです。あんまり、うち独自のことも書いていないので、どんだけ参考になるかは分かりませんけれど・・・。

だから、これを読んでくださる方(いないかもしれませんけど。)は立派です。私からは申請頑張って、とは言いません。十分頑張っている人に「頑張って」っていうのは嫌いなので・・・。ただ、ご家族思いで優しい方なんだな、と思います。

俺にはできない。

そんなどうでもいい話でした。失礼しました。(__)

(社会保険労務士 海老澤亮)