障害年金を受給された方の感想 ~ まとめ

障害年金を受給された方の感想 ~ まとめ

障害年金を受給することによるプラスの作用

 今回は毛色の変わった内容です。

 障害年金を受給することでのプラス面を、私なりに「編集」しまして、ご案内いたします。
 あくまでも「生の声」ではなく、私が「編集」しておりますので、

 「単なるセールストークでしょ」

 と言われれば、特に反論できませんけれど・・・。少しでも「障害年金を受給した後」のイメージがつかめれば、と思います。(意外と、受給するまではイメージが湧きにくいですので・・・。)

 まあ・・・話半分に、お付き合いできる方はお付き合いくださいませ。

具体的に、受給後どのような変化があるか?

 まずは、障害年金を受給しての変化です。

 若年期での疾病による障害年金を受給される方の場合ですと、

 もともと、うまく進学できなかったり、働く機会に恵まれなかったり、働いても途中で解雇されたり、退職される方もいらっしゃいます。
 大人になっても、経済的に家族の援助を必要としていて、家庭内での肩身が狭い。
 また、療養期間が長引きますと、同居しているご両親も高齢になります。ご両親がご健在のうちはいいけれど、親がいなくなったらどうなるんだろう? という不安は大きくなっていきます。

 また、就労支援事業所等に通っていても、工賃が少なく、自分の生活費をまかなうどころか、自分のお小遣いもままならない。
 就労していても、昇進や昇格が出来ずに賃金が上がらない。

 こういった経済的に苦しい事情を抱えている方が多いでしょう。

 もともとバリバリ働いていた方でも、疾病のため働く事ができなくなれば、同様に、ご家族の生活費やお子さんの教育費にも支障をきたし、場合によっては家庭内の関係がうまくいかなくなってしまいます。

 そういう時に障害年金を受給することによって、

 ・ 経済的なゆとりや、先行きへの見通しが生まれる。

 ・ 家族の関係がよくなる。

 ・ 趣味を楽しむ、友人との付き合いが出来る。

 など、それまでよりも生活面に余裕が生まれ、生活の幅が広がります。

年金受給が相乗効果を生む

 障害年金を受給することで、

 ・ 心理的な効果 ⇒ ゆとりや安心感

 ・ 家族関係の好転

 ・ 社会的な孤立からの脱却

 ・ 生き甲斐が増える

 といった良い影響が生まれます。そうすることで、病気への好影響も当然期待できると思います。

受給後の声(弊事務所で編集したものです)

 以下に「喜びの声」をまとめたものを少しだけご紹介します。

・ いつも親には心配をかけてきた。自分の治療費くらいはなんとかしたかったけど、これまでは全て親のお金だった。治療費や国民年金の支払いなど、これ以上負担をさせたくないので、年金がもらえてよかった。

・ 学生時代の友人と久しぶりに旅行に出かけた。これまでは誘われても断っていたけれど、自分のお金が出来たことで行けるようになった。

・ 長年母親と同居し、母親の年金をあてにして生活していた。しかし、母は高齢で、頼りにしていた姉も他界してしまった。母は倹約して預金を自分に残そうとしてくれているが、年金をもらえるようになって、ある程度先の見通しが立てられた。生きていける気がする。

誰にでも生きる権利がある

 以上、ごく簡単に「喜びの声」として記載致しました。

 どれだけ伝わったか分かりませんが、「自分のお金」がある、ということは本人にとって大きなことです。いくら親から援助してもらっても、やはり人には尊厳、プライドがあります。親への負い目ばかり感じているのは辛い。

 自分名義で年金を受給することで、負い目、他人への気兼ねが少しでも減り、自分らしい人生を少しでも送れれば、と切に願います。

 最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。 (社会保険労務士 海老澤亮)