障害年金が受給できるまでの生活費は、大丈夫ですか?

障害年金が受給できるまでの生活費は、大丈夫ですか?

 

障害年金申請後の「一般的な流れ」


 今日は、いざ障害年金の申請をしよう、と思った際のその後のお金の流れについてご案内いたします。

 たぶんこの記事を読まれている方はすでにご存じかと思いますが、障害年金は申請すればすぐにもらえる! というような都合のいいものではありません。(残念ながら・・・。)

 一般的な話としては、障害年金の申請をしてから年金証書がご自宅に届くまで、

 障害基礎年金(初診日に国民年金に加入)で → おおよそ3か月後

 障害厚生年金(初診日に厚生年金に加入)で → おおよそ4か月後

 くらいかと存じます。

年金証書が届いた後


 そして年金証書が届いてから、

 実際にご本人の口座に障害年金が振り込まれるまで、

 1~2カ月かかります。

 (年金が振り込まれるのは15日の日と決まっています。とはいえ15日が土日でしたらその前の金曜日に支給されますが・・・。)


 ですから、障害年金の申請をしてから

年金がご本人の口座に振り込まれるまで、

 約4~6ヶ月かかる

 と考えておいた方がいいでしょう。

ちょっと例外的なケース


 上記の目安の期間より早く処理が進み、年金申請から年金の振り込みまで3カ月程度だった、という場合も実際にあります。


 しかし、逆に年金機構から後日照会があり、追加で書類等を提出する、となりますと、さらに審査に時間がかかってしまいます。
 (年金が振り込まれるまでに1年弱かかった、ということもあります。)

障害年金申請にかかる時間


 勿論、いざ「障害年金を申請してみよう」と考えてから、実際に申請できるまで、お一人おひとりの事情によりかかる時間は差がありますが、

 一般的に言って1~3ヶ月かかると思います。


 そのため、年金申請を始めてから実際に年金が振り込まれるまで

 少なくとも半年はかかる、と考えて

 経済的な見通しを立てておく必要があります。

 本当に経済的に困窮してから障害年金のことを考えるのでは、手遅れになってしまう。


 厳しいことを書きましたが、そういった点からも、

 (その他、カルテの廃棄などの問題もありますが・・・。)

 障害年金は先延ばしせずに、早めに取り組まれることをお勧め致します。


 本日もお付き合いくださいまして、ありがとうございました。 (社会保険労務士 海老澤亮)