障害年金更新時に ~もし悪化しているとお感じならば

障害年金更新時に ~もし悪化しているとお感じならば

 

障害年金更新時に、気をつけたい点


 今回は、障害年金更新時に気を付けたい点を・・・。

 永久認定という

 「今後診断書の提出は必要ないですよ」

 という方をのぞいて、

 障害年金を受給されている方は、

 1~5年ごとに

 年金機構から診断書が送られてきて、

 診断書を主治医先生に書いてもらって

 送り返す必要があります。

 (診断書が届くのは、更新月の前月末になります。ただし、事前に電話すれば早めに郵送してくれるようです。)

「以前より悪化している」方は・・・


 その際に、「以前よりも悪化している」とお感じの方は、

 更新用の診断書と一緒に

 「額改定請求書」という書類を提出した方がいいでしょう。

 (詳細は下記の年金機構のURLで・・・。)
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/tetsuduki/shougai/20140421-24.html

額改定請求書を提出しないと・・・


 もし、額改定請求書を提出しないと、

 仮に「これまで3級→今後も3級」というように

 現状維持の決定がされても、不服申し立てを行うことができません。

 (また、額改定請求書を提出しないと「悪化しているか・・・」は判断されないようです。)


 「3級→不支給」というように

 以前より軽度との認定でしたら、不服申し立てはできますが・・・。

更新時まで待たなくていい


 更新まで待たなくても、

 「以前より悪化している」とお考えでしたら、

 原則として、以前の決定がされてから1年が経てば、

 同様に額改定請求ができます。

 (この場合は、額改定請求書と一緒に診断書を提出します。また例外があります。(割愛))


 更新時は、今後も年金がもらえるだろうか? と

 気持ちがドキドキされるかと思いますが、

 細かい書類をお忘れなく。


 最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました 。 (社会保険労務士 海老澤亮)