障害年金更新用診断書の提出先

障害年金更新用診断書の提出先

 

障害年金には更新手続きがある


 さて。
 障害年金の更新手続きのお手伝いを弊事務所でも積極的に承っております。
 おかげさまで障害年金の申請を8年弱続けていますので、最近は常時、更新手続きをさせていただいております。

 
 障害年金の更新は、受給されている方の

 病状(重度、安定性)、ご病気の性質、

 その他生活状況の変化等を考慮して、

 個別に決定されているようです。

 受給後1年~5年の間に更新手続きを行うことになります。

 (中には更新不要の場合もあります。)

いつが更新時期なのか?


 いつが更新なのか? は、年金証書の右下「次回診断書提出年月」

 というところに書かれております。そちらをご確認くださいませ。


 更新手続きをするのは

 通常は年金を受給されている方の誕生月、

 20歳前障害で年金受給されている方は7月、

 となります。

更新用の診断書は?

 
 更新用の診断書は、最初に年金請求した時に主治医先生に書いてもらったものと、少々様式は異なります。(とはいえ、記載内容はほぼ一緒です。)

 その診断書が、通常は更新月の前月末に自宅に届きます。
 (しかしながら、中には10日くらい遅れて届いたこともありました。)

診断書の提出先は・・・

 
 そちらを主治医先生に書いてもらった後、提出する訳ですが、

 提出先は年金の種類により異なりまして、

・ 障害基礎年金の場合~~ 市区町村の国民年金課
  (名前は役所により若干異なることはありますが。)

・ 障害厚生年金の場合~~ 日本年金機構
  (〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24)

 となります。

 弊事務所には、

 更新用の診断書を市役所に提出するよう書かれていますが、本当ですか?

 といったご相談も多く、

 皆さん何となく不安になるようです。


 本日は障害年金更新用診断書の提出先を簡単にご紹介いたしました。
 本日もお付き合いくださいまして、ありがとうございました。 (社会保険労務士 海老澤亮)